• さいたま市民の映像文化の祭典

『ある家族』

(川﨑麻世、野村真美ダブル主演)監督:ながせきいさむ

<あらすじ>

平成二十年の児童福祉法改正により小規模住居児童養育事業として実施された「ファミリーホーム」

養育者としてホームを経営する一ノ瀬泰(川﨑麻世)・陽子(野村真美)夫妻と、二人の実子である一ノ瀬茜(寺田もか)は、家庭環境を失った子ども達と共に暮らしている。

育児放棄、いじめ、虐待、障害、就活苦など多種多様な問題を抱える子ども達を自らの家庭に迎え入れ、共に泣き、共に笑い、雨の日も風の日も家族として共に日々を送っていた。

しかし、そんな彼ら一ノ瀬ホームの終焉が、静かに、だが確かに近づいていた・・・。